高血圧は危険のシグナル!食事で血圧を下げるコントロール術

介護

欠乏症治療での栄養摂取

スマイル

摂取量の上限に注意が必要

特定の栄養素が足りないことによって体調を崩してしまうということはよくあるものであり、そういった欠乏症の際には栄養療法が行われていくことになります。慢性的な症状である場合には食生活の中でその栄養素をとりいれるように栄養療法を実施していくことが大切ですが、そういった患者にしばしばあるのが、その栄養素の摂取に積極的になりすぎてしまって過剰に摂取してしまうというものです。ビタミンAなどのように過剰摂取によって体内に蓄積してしまい、神経過敏などを引き起こしてしまう栄養素もあります。夜盲症になってしまってビタミンAの摂取を始めたら神経過敏になってしまったというのでは本末転倒になってしまいます。適切な摂取量を守るということは栄養療法を行う上で欠かせない視点です。

食生活を変えずに栄養補給

欠乏症が問題になってしまっているときには食生活を変えていこうと考えてしまいがちですが、それによって過剰摂取による弊害がもたらされてしまうリスクがあります。適度な量を摂取できるようにするために、あえて食生活を変えないというのも一つの方法です。これまで通りの食生活にプラスして栄養補給を行っていけばそれで栄養療法の目的が達成されることになるからです。食生活を見直すことで、どの程度の補給が必要かということはおよそわかるものであり、その分だけサプリメントや別の食品によって補給するという考え方を持つと良いでしょう。そうすることによって適切な量だけを増やすことが可能であり、過不足のない栄養補給を実現できます。